大阪で商業手形割引を行う業者≪口コミ・評判 ランキング≫

商業手形について

もっと見る
  • 商業手形の基準割引率

    そもそも、商業手形の割引ってなんのこと? 商業手形には、約束手形と為替手形の2つがあります。 一般的な商業取引で利用

    もっと読む

  • 商業手形の仕組み

    商業手形が流通するシステム 商業手形とは、商品をめぐる商業取引において、支払いのひとつの手段として利用される有価証券で

    もっと読む

  • 商業手形割引の専門業者

    商業手形割引の専門業者とは? 商業手形の割引を行うのは、手形に記載された支払期日よりも前に現金化をしたい場合です。

    もっと読む

  • 不渡りを未然に防ぐ方法

    まずは、不渡りで避けたいことを知っておきましょう 不渡りと聞くと、1回でも該当してしまうと不都合な事態に巻き込まれるの

    もっと読む

  • 商業手形と小切手の違い

    商業手形と小切手に共通していることは? 商業手形と小切手の違いについて、あなたはきちんと理解していますか? どちらに

    もっと読む

  • 日本銀行による商業手形の基準割引率

    日本銀行とはそもそもどんな存在? 一般の消費者にとって、日本銀行はほかの銀行とは異なります。 まず、個人の預金を受け

    もっと読む

専門用語

もっと見る
  • 割引手形

    手形とはそもそもどんなもの? 手形とは、現金と同様の経済的な価値を持つ、有価証券のひとつです。 現金に比べて取り扱い

    もっと読む

  • 不渡り

    手形の取り引きにおいて、不渡りは避けたいもののひとつ! ビジネスの世界における企業間取引では、支払い方法のひとつとして

    もっと読む

  • 為替手形

    為替手形と約束手形の違い、分かりますか? 商業手形には、為替手形と約束手形の2つがあります。 それぞれの違いについて

    もっと読む

  • 金融手形

    金融手形は商業手形とは大きく異なります 一般的に「手形」と言って多くの方が思い描くのは、いわゆる商業手形のことでしょう

    もっと読む

  • 手形貸付

    金融機関から融資を受けるための手段のひとつ、それが手形貸付です 企業を運営していくにあたっては、運転資金を適切に手に入

    もっと読む

  • 特例基準割合

    ちょっと分かりにくい?特例基準割合をざっくり説明します! 「特例基準割合」なんて、そもそも名前からして難しいですよね。

    もっと読む

口コミ・評判

もっと見る
  • 龍実商事

    1955年創業 商業手形割引一筋でサービスを提供している老舗です 龍実商事は、大阪市中央区にある商業手形割引の専門商社

    もっと読む

  • ビジネスランド大阪オフィス

    起業家を全面的にサポートしている経営コンサルタント ビジネスランド大阪オフィスは、大阪市谷町にある企業経営コンサルタン

    もっと読む

  • フジコー

    1975年設立の歴史あるノンバンク フジコーは、札幌市中央区にある商業手形割引を専門に取り扱っているノンバンクです。

    もっと読む

  • ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ

    東京だけでなく、大阪や北九州にも支店のある手形割引専門の企業です ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズは、東京

    もっと読む

  • 日本保証

    Jトラストグループに所属する大手の保証・ファイナンス事業会社です 日本保証は、東京都港区にあり、保証事業やファイナンス

    もっと読む

  • アップス

    東京、大阪、神戸を拠点に活動しているローン会社です アップスは、神戸市中央区に本社のあるビジネスローン提供企業です。

    もっと読む

ランキング

龍実商事株式会社 (商業手形割引の専門商社)

1955年創業 商業手形割引一筋でサービスを提供している老舗です 龍実商事は、大阪市中央区にある商業手形割引の専門商社

設立・実績 昭和30年設立・60年の実績
年率 年率4%台~
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

東光商事株式会社

「東光商事」では、年率5.00~13.50%以下と結構幅がありますが、手形にも色々な銘柄があるので、まずはお手持ちの手形を持って行き、相談するのが良いでしょう。

設立・実績 昭和8年設立・83年の実績
年率 年率5%台~
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

株式会社アルクレイン

株式会社アルクレインは、平成26年に倉敷金融株式会社から商号を変更した昭和25年設立の老舗で、主に中小企業を相手とした事業資金を専門に取り扱っています。 社員の大半が「賃金業務取扱主任者」という国家資格保有者ということで信頼がおけます。

設立・実績 昭和25年設立・65年の実績
年率 年率4.5%~18.5%
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

商業手形とは

商業手形には、2つの種類があります

商業手形とは、英語でCommercial billと呼ばれています。 別名、商品手形とも言われており、商品を売買する手続きにおいて、商品の代金の代わりに振り出される手形のことを指します。

通常の商品売買においては、現金でのやり取りを行うのが一般的。 その代わりに、手形を振り出すことで売買を成立させることができるのです。

商業手形には、約束手形と為替手形の2つの種類があります。 それぞれの使い道、手順には違いがありますので、ここでポイントを押さえておきましょう。

約束手形には登場人物が2人

この場合の登場人物とは、手形を振り出す人とそれを受け取る人です。 とてもシンプルな図式で、AがBから商品を購入する際に、AがBに振り出すのが約束手形です。

Bは商品の対価として約束手形を受け入れ、支払期日を待って支払い場所で現金化します。 一方、Aは支払期日までに代金を当座預金に用意をしておかなければなりません。

つまり、約束手形を利用した取引ができるためには、AとBとの間で代金の支払いについての信頼関係が築かれていなければなりません。 万が一、Aが支払期日までに代金を用意することができなければ、Aは不渡りを出してしまいます。

登場人物が3人になると、為替手形になります

約束手形に比べて、若干複雑になるのが為替手形。 この場合、登場人物はAとBに加えて、Cを交えた3人です。

AはBに商品を販売した場合、BはAに支払いをする義務が生じます。 加えて、BがCに商品を販売すると、CはBに支払いをする義務が発生しますね。

この場合、BはCに依頼をして、Cから直接Aに代金の支払いをしてもらいます。 つまり、ABCの三者の間で支払いを効率的に行うために利用するのが、為替手形というわけです。

ただし、為替手形は一般的な商業取引では利用されることはほとんどありません。 一般的には、輸出や輸入に関連した取引で使われることが多く、商業取引の世界では約束手形が利用されています。

ページトップへ